開催日

2013年8月24日(土)@上総一ノ宮海岸(南九十九里浜海岸)

プログラム内容

南九十九里の海岸を歩き、そこに棲む生き物やさまざまな漂着物、さらに後背地の植物群落や海岸の人工化の様子について観察・調査します。
一宮在住の秋山章男先生(OWS学術顧問)が同行し、生き物や自然について解説します。

絵画、 彫刻、クラフトなど海の生きものを素材にマルチな創作活動に励む秋山先生と楽しむ「クラフト教室」も計画中!この機会にお気軽にご参加下さい。特別な資格や経験は必要ありません。

調査データは「全国砂浜海岸生物調査」(「海の生物を守る会」代表:向井宏・京都大学特任教授)に報告します。

ナチュラリスト・ガイド(敬称略)


秋山 章男(あきやま あきお)

九十九里自然誌博物館代表・元東邦大学教授・OWS学術顧問

1935年生まれ。千葉県一宮市在住。2003年3月、東邦大学教授を退職後、ウミガメ、渡り鳥の研究を継続しながら、小学生~教員まで幅広く自然観察の指導や各地で講演を行っている。またバイオロジストからアーティストを目指し、絵画、 彫刻、クラフトなど海の生きものを素材とした創作活動に励む。




開催日時 2013年8月24日(土)
開催場所 上総一ノ宮海岸(南九十九里浜海岸)
集合時間 一宮中央公民館 午前9時集合
最寄駅:JR外房線 上総一ノ宮駅

千葉県長生郡一宮町一宮2460 役場敷地内
TEL:0475-42-4576
定員 15名
参加費 1,000円(保険料・材料費)
※お弁当、飲み物は各自でご用意下さい。
持ちもの ●フィールドワークに適した動きやすい服装、砂浜を歩きやすい靴で参加下さい。
●十分な熱中症・日焼け対策をお願いします。
●小雨決行。天候に応じて雨具をご用意下さい。(傘不可)
●フィールドノート、筆記具、ルーペ、双眼鏡、デジカメ、図鑑等をお持ちの方はご持参下さい。
●バックは両手が使えるようナップザックをお薦めします。

スケジュール



9:00 中央公民館 集合・受付
オリエンテーション (会議室にて)
午前 海岸にて自然観察・調査
昼食(昼食場所は当日の状況により決定)
午後 同定および質疑応答(会議室にて)
クラフト教室(会議室にて)
15:30頃 解散。
解散後希望者は秋山先生の工房見学

終了しました