OWS 特定非営利活動法人 OWS
ニュースレター メンバー登録 お問い合わせ
HOME


海洋ゴミ問題を考える
 
深刻さを増す海洋ゴミ問題

川や海で不法に投棄されたゴミ、台風などの水害で川から海に流出したゴミ、海上で廃棄されたり流出したりした漁具や漁網、沈没したタンカーから漏れ出した重油、そうした海洋ゴミは沿岸諸国に深刻な被害をもたらします。

また、私たち人間の知らないところで野生生物が多くの被害を被っています。海洋でのゴミ問題はもはや地球規模で対策を打つべき喫緊の課題です。

 
 太平洋にゴミ集積ベルト
(東海大学海洋学部・久保田雅久教授らのグループ調べ)

北太平洋に棄てられたゴミは、わずか数ヶ月で表層の海流により中緯度海域に集まり、巨大な「ゴミ集積ベルト」を出現させるという。
北緯20度から40度の中緯度帯に寄せ集められ、北太平洋をほぼ横断する幅数千キロ前後の帯。
特に集中したのはハワイ北東海域とのことですが、希少野生生物の生息地である自然保護区ミッドウェイ環礁や北西ハワイ諸島もベルトの中にあります。

 
(写真左)北西ハワイ諸島の無人島の海岸。
美しい海岸線には海洋ゴミが一面に広がる。
 
 
 深刻!沈んだ漁網やかごによる「幽霊漁業」〜ゴーストフィッシング
 
海上で投棄されたり台風などで流出した漁具や漁網は、ゴミとなっても漁獲機能を残しているため、魚やエビ、タコなどが、その中に入り込み、損傷を受けたり死亡します。
タコに至っては水揚げ量に匹敵する規模の犠牲が推定される場合があり、世界的な注目を集めています。
 

2000年4月24日の朝日新聞に掲載された記事
 
 
逸失漁具による水中生物の損傷や死亡(写真:鹿児島大学・松岡達郎教授)
 
 
Copyright© 2005-2007 The Oceanic Wildlife Society. All Rights Reserved.