第14回報告 オキノタユウの繁殖状況

第122回(2017年3〜5月)鳥島オキノタユウ調査報告
533羽のひなが巣立ち、鳥島集団の総個体数は推定で約4,615羽に


■テキスト&写真:長谷川博(OWS会長・東邦大学名誉教授)

 2017年3月29日から、5月8日まで鳥島に滞在し、オキノタユウ(学名 Phoebastria albatrus, 別名アホウドリ)のひなの調査を行ないました。その結果の概要を報告します。

1. 2016-17年繁殖期の巣立ちひな数

 2016年11月下旬から12月初旬に産卵数を調査し(第13回報告を参照)、今回、4月下旬にひなに足環標識を装着して巣立ちひな数を確定しました(下表)。

【表】2016-17年繁殖期の産卵数、巣立ちひな数、繁殖成功率

区域
産卵数
ひな数
昨年比
繁殖成功率
昨年比
従来コロニー 燕崎斜面
536
307
−9
57.1%
−3.6
新コロニー 燕崎崖上
27
20
+13
74.1%
+30.3
北西斜面
274
206
+57
75.2%
+7.2
鳥島全体
837
533
+61
63.7%
+0.9

 燕崎斜面の従来コロニーから、昨繁殖年度より9羽少ない、307羽のひなが巣立ち、繁殖成功率は昨年度より3.6ポイント低い57.1%でした。従来コロニーでの繁殖成功率が60%を下回ったのは2005年度以来で、おそらく、その原因は昨年の秋に発生した泥流でしょう。泥流は従来コロニー東地区の西縁に土砂が盛り上がるほど堆積させました。その堆積土砂の表面から強風や突風によって砂が吹き飛ばされ、保育中の親鳥に当たって、親鳥に巣を放棄させたのではないかと推測されます。 

 北西斜面の新コロニーからは、昨年度より57羽も増えて、206羽のひなが巣立ち、繁殖成功率は75.2%で、昨年度より7.2ポイント上昇しました。燕崎崖上の新コロニーからは、昨年度より13羽多い、20羽のひなが巣立ち、繁殖成功率は大幅に改善して、74.1%でした。

▲写真1:鳥島燕崎斜面の従来コロニー(2017年4月3日)


▲写真2:鳥島北西斜面の新コロニー(2017年4月26日)


 結局、鳥島全体での巣立ちひな数は、昨年度より61羽も増えて、ついに500羽を超え、533羽でした。繁殖成功率は63.7%で、ほぼ昨年度並みでした。

 これら533羽の巣立ち幼鳥に、1〜6歳の若い鳥推定約2,030羽、7歳以上の成鳥約2,050羽を合計した繁殖期後の鳥島集団の総個体数は、推定で約4,615羽となりました。昨年より約395羽の増加です。鳥島のオキノタユウ集団は非常に順調に個体数を回復しています。

 

2. 来年度以降の予想

 鳥島集団のカウント数は2010繁殖年度から急増し、最近7年間の平均増加率は毎年約10%でした。この主な要因は、営巣地保全管理工事の補完作業を実施した結果、2007年度から2009年度まで繁殖成功率が70%以上に維持され、たくさんのひなが巣立ったからです。このカウント数の急増に対応して、2013年度から繁殖つがい数が急増し始め、最近4年間の平均増加率は毎年12%近くになりました。

 巣立った幼鳥は3〜4年後から鳥島に帰り始め、平均して約7歳から繁殖を開始します。巣立ち後の生き残り率はほぼ一定だと推測されるので、ごく大まかに言えば、繁殖成功率の良否が3年後のカウント数に影響を及ぼし、さらにその4年後の繁殖つがい数の傾向を決めます。

 2010年に小規模な泥流が発生して繁殖成功率が64%に低下しましたが、その後、砂防・植栽工事が実施されて、2011年度から2014年度までの4年間、繁殖成功率は平均して69%に維持されました。したがって、これから数年間、繁殖つがい数は毎年10%前後で増加すると予想されます。仮に毎年9%で増加するとしても、来年度は約910組になると予想されます。地区別にみると、燕崎斜面の従来コロニーでは約550組、燕崎崖上の新コロニーで約30組、北西斜面の新コロニーで約330組が産卵すると予想されます。そして、鳥島全体の繁殖成功率が63%程度(最近2年間の平均は63.3%)だとすると、来年5月には約575羽のひなが巣立ち、鳥島集団の総個体数は5,025羽になり、ぼくが個人的に目標としてきた「5,000羽」に到達するでしょう。これまでの予測より1年早く目標を達成することができそうです。

▲写真3:求愛ダンスをする成鳥のつがい(2017年4月3日)


▲写真4:飛翔方向を急転換している成鳥
(2017年4月29日)


▲写真5:ひなへの給餌(2017年4月5日)

長谷川博
OWS会長
東邦大学名誉教授
>>プロフィールとメッセージ

伊豆諸島鳥島における
アホウドリの繁殖状況

アホウドリ動画集

アホウドリニュース

LINK



著書紹介

オキノタユウの島で 長谷川博著
2015年5月発売

50羽から5000羽へ

アホウドリに夢中

アホウドリの島

ほか多数。