第8回報告 オキノタユウの繁殖状況

第114回(2014年4月)鳥島オキノタユウ調査報告
400羽のひなが巣立ち、鳥島集団の総個体数は推定で約3,540羽に

■テキスト&写真:長谷川博(OWS会長・東邦大学名誉教授)

定年退職した翌日の2014年4月1日に八丈島に行き、装備を点検し、食料を準備して、海が穏やかになるのを待ちました。そして、7日に八丈島を出帆、8日に鳥島に到着・上陸し、5月4日まで約1ヶ月間にわたって滞在し、アホウドリ(=オキノタユウ)の繁殖状況の調査を行ないました。その結果の概要を報告します。

 

1. 2013-14年繁殖期の巣立ちひな数と繁殖成功率

2013年11月下旬から12月初旬に産卵数を調査し(第7回報告を参照)、今回、ひなに足環標識を装着して、巣立ちひな数を確定しました(下表)。

【表】2013-14年繁殖期の産卵数、巣立ちひな数、繁殖成功率
区域
産卵数
ひな数
昨年比
繁殖成功率
昨年比
従来コロニー
燕崎斜面
450
299
+3
66.4%
−5.4
新コロニー
燕崎崖上
11
4
+1
36.4%
−38.6
北西斜面
148
97
+17
65.5%
−0.1
鳥島全体
609
400
+21
65.7%
−4.7

燕崎斜面の従来コロニーでは299羽のひなが巣立ち、繁殖成功率は66.4%で、北西斜面の新コロニーでは巣立ちひな数が97羽、繁殖成功率は65.5%でした。鳥島全体では、ちょうど400羽のひなが巣立ち、繁殖成功率は65.7%でした。

繁殖成功率は昨シーズンの70.4%より下がりました。おそらく、その原因は本州南岸を低気圧が頻繁に通過し、とくに関東甲信越地方に記録的大雪をもたらした「荒れた冬」だと思われます。南岸低気圧が通過すると、鳥島では南西方向から強風が吹き込み、砂嵐や突風が発生します。その影響で繁殖に失敗したつがいが多かったと推測されます。それでも、巣立ちひな数は近年の最高を記録しました。

巣立ち間近なひな(2014年4月)

新コロニーの様子(2014年4月)

これら400羽の幼鳥に加えて、1〜6歳の若い鳥が推定で1,646羽、7歳以上の成鳥が1,492羽で、それらを合わせた繁殖期直後の鳥島集団の総個体数は約3,540羽となりました。昨年より約320羽の増加です。鳥島集団はきわめて順調に個体数を回復しています。

2. 来シーズン以降の予測

アホウドリの集団生物学的特性と単純な集団モデルから、来シーズンは約650組のつがいが産卵すると予測されます。おそらく、燕崎斜面の従来コロニーで約460組、燕崎崖上の新コロニーで約10組、北西斜面の新コロニーで約180組が産卵するでしょう。
鳥島全体の繁殖成功率が最近5年間の平均(=68.5%)程度だとすると、2015年5月には445羽のひなが巣立つと期待されます。そして、鳥島集団の総個体数はおよそ3,790羽になるでしょう。

また、今シーズンに巣立った幼鳥が繁殖集団に加わる7年後の2020-21年繁殖期には、約1,045組が産卵すると予測されます。

▲西日を受けて求愛ダンスをするつがい(2014年4月)

▲コロニーに近づく成鳥(2014年4月)

長谷川博
OWS会長
東邦大学名誉教授
>>プロフィールとメッセージ

伊豆諸島鳥島における
アホウドリの繁殖状況

アホウドリ動画集

アホウドリニュース

LINK



著書紹介

オキノタユウの島で 長谷川博著
2015年5月発売

50羽から5000羽へ

アホウドリに夢中

アホウドリの島

ほか多数。