第10回報告 オキノタユウの繁殖状況

第117回(2015年4月)鳥島オキノタユウ調査報告
479羽のひなが巣立ち、鳥島集団の総個体数は推定で約3,900羽に
■テキスト&写真:長谷川博(OWS会長・東邦大学名誉教授)

2015年3月25日に八丈島を出帆し、26日に鳥島に到着・上陸、5月3日まで39日間にわたって滞在し、オキノタユウ(学名Phoebastria albatrus, 別名アホウドリ。ぼくは39年間にわたってこの鳥とつきあってきて、もう“アホウドリ”とは呼びたくなくなり、オキノタユウと呼ぶことにしました)の繁殖状況の調査を行ないました。その結果の概要を報告します。

1. 2014-15年繁殖期の巣立ちひな数と繁殖成功率

2014年11月下旬から12月初旬に産卵数を調査し(第9回報告を参照)、今回、ひなに足環標識を装着して、巣立ちひな数を確定しました(下表)。

【表】2014-15年繁殖期の産卵数、巣立ちひな数、繁殖成功率

区域
産卵数
ひな数
昨年比
繁殖成功率
昨年比
従来コロニー 燕崎斜面
488
323
+24
66.2%
−0.2
新コロニー 燕崎崖上
10
5
+1
50.0%
+13.6
北西斜面
183
151
+54
82.5%
+17.0
鳥島全体
681
479
+79
70.3%
+4.6

燕崎斜面の従来コロニーでは323羽のひなが巣立ち、繁殖成功率は昨シーズンとほぼ同じの66.2%でした。北西斜面の新コロニーからは、昨シーズンより54羽も多い151羽のひなが巣立ち、繁殖成功率は大幅に改善して82.5%でした。鳥島全体では、昨シーズンより79羽も多い479羽のひなが巣立ち、繁殖成功率は70.3%でした。今シーズンは「穏やかな冬」だったため、繁殖成功率は一昨シーズンの水準にもどりました。

▲写真1:燕崎斜面の従来コロニー(2015年4月25日)


▲写真2:燕崎崖上の新コロニー(2015年4月23日)


▲写真3:北西斜面の新コロニー(2015年4月18日)

これら479羽の幼鳥に加えて、1〜6歳の若い鳥が推定で1,755羽、7歳以上の成鳥が1,668羽で、それらを合わせた繁殖期直後の鳥島集団の総個体数は約3,900羽となりました。昨年より約360羽の増加です。鳥島集団はきわめて順調に個体数を回復しています。

2. 来シーズン以降の予測

オキノタユウの集団生物学的特性と単純な集団モデルから、来シーズン(2015-16年繁殖期)は約740組のつがいが産卵すると予測されます。おそらく、燕崎斜面の従来コロニーで約500組、燕崎崖上の新コロニーで約10組、北西斜面の新コロニーで約230組が産卵するでしょう。そして、鳥島全体の繁殖成功率が約70%に維持されるとすると、2016年5月には515〜520羽のひなが巣立つと期待されます。そして、鳥島集団の総個体数はおよそ4,250羽になるでしょう。

さらに、2016-17年繁殖期には約800組のつがいが産卵し、約560羽のひなが巣立ち、総個体数は約4,600羽になり、2017-18年繁殖期には約855組が産卵、約600羽が巣立ち、約5,000羽になると予測されます。ぼくが目標としてきた「5,000羽」に到達するまで、あと3年になりました。

▲写真4:求愛ダンスをするつがい(2014年4月19日)


長谷川博
OWS会長
東邦大学名誉教授
>>プロフィールとメッセージ

伊豆諸島鳥島における
アホウドリの繁殖状況

アホウドリ動画集

アホウドリニュース

LINK



著書紹介

オキノタユウの島で 長谷川博著
2015年5月発売

50羽から5000羽へ

アホウドリに夢中

アホウドリの島

ほか多数。