第8回 小中高生 海と生きもの
フォトコンテスト
入賞作品発表

全国各地の小中高生からご応募いただいた70作品の中から、厳正な審査の結果、受賞作品9点を選出しました。
ご応募、ありがとうございました。

※敬称略・順不同  ※写真はクリックすると大きな画像で見ることができます。

小・中・高生 全体

生きもの観察賞 1点

イッピキフウライウオ

「イッピキフウライウオ」
 撮影地:慶良間諸島 座間味島

新野 雄大 東京都・小学6年生(男)

僕は、ダイビングを始めてから、シュノーケルでは味わえない、楽しさ・おもしろさを体感しました。それから、ダイビングが好きになり、魚などの写真を撮るのも好きになりました。この写真を選んだ理由はウミシダに同化している、ニシキフウライウオが、すごいなぁと思ったので、この写真を選びました。タイトルの由来は、2匹いたのですが、1匹しか撮れなかったからです。


<講評>
高砂 淳二ウミシダに擬態しているフウライウオを、よく見つけ、しっかり真横からライトを当てて撮りましたね。体の模様から細かなヒレの一本一本まで全体にピントが合うようにし、全身がよく観察できるよう、工夫して撮られています。 (高砂 淳二)

杉森 雄幸私もダイバーですが、初めてこの姿を見た時にはこれが魚!と思いました。ニシキフウライウオは水中でウミシダという生物に擬態しています。写真の左に写っているのが、ウミシダの一部ですね。水中生物が生きている環境をうまくとらえています。(杉森 雄幸)

環境フォト賞 1点

残念ながら該当作品がありませんでした。

小学生の部

杉森雄幸賞 1点

輝く梅干し

「輝く梅干し」
 撮影地:神奈川県三浦市 城ヶ島

辻 殊芭 東京都・小学5年生(女)

キラキラした梅干しを発見。たくさんの仲間と一緒の風景は、意外で笑えました。

<講評>
杉森 雄幸水辺に近い岩肌を観察していた時に、このウメボシイソギンチャクを見つけたのでしょう。潮が満ちてイソギンチャクが水中に入ると、触手が伸びてイソギンチャクの形がよく分かるようになります。陸上で見るとキレイな梅干しのようで面白いですね。(杉森 雄幸)

奨励賞 3点

クルマナマコの骨

奨励賞「クルマナマコの骨」

撮影地:真鶴半島三ッ石海岸

塩津 聡介 東京都・小学3年生(男)

これは、クルマナマコの骨をけんびきょうで見てとった写真です。けんびきょうのレンズをのぞきながら上手に写真をとるのは、むずかしかったです。ナマコの体の中に車の車輪のような骨があると分かって、びっくりしました。海にはぼくの知らない生き物がたくさんいます。もっと海のことを知りたいです。

分身の術~

奨励賞「分身の術~」

撮影地:江奈干潟

加藤 慶 東京都・小学4年生(男)

脱皮したてのカニを見つけました。ザリガニの脱皮は知ってたけど、カニははじめてでとてもおどろきました。忍者の分身の術みたいでした。

にらめっこしましょアップっぷ

奨励賞
「にらめっこしましょアップっぷ」

撮影地:神奈川県横須賀市 荒崎海岸

谷口 青 東京都・小学4年生(男)

この海岸に住んでいる体の大きい主のようなヤドカリに、目いっぱいカメラを近づけて顔のアップを撮りました。ビックリすると殻に入ってしまうので、じーっと待ちました。

中・高生の部

高砂淳二賞 1点

輝く夕日!

「輝く夕日!」撮影地:雲見 千貫門

奥田 芽衣東京都・中学1年生(女)

この場所にたどり着くのは大変だったけど、綺麗な夕日が見れました!

<講評>
高砂 淳二夕日がちょうど岩にぽっかり空いた穴から差し込んでいて、素晴らしいシャッターチャンスです。自然の美しさをそのまま美しく撮ることで、ストレートに撮った人の感動が伝わってきます。(高砂 淳二)

奨励賞 3点

孤高の水鳥

奨励賞「孤高の水鳥」

撮影地:広島湾

魚地 妃夏 東京都・中学3年生(女)

広島湾の干潟に生息していた水鳥の内、特に目立つ一羽を撮影した。
この水鳥の特徴は大きな体、細長い首、黒い嘴、そして目と嘴の間が緑色になっていることだ。この特徴をもとに調べると、この鳥は、極端に首が細長い、最も大きな白いサギであるダイサギだとわかった。
ダイサギの嘴は夏は黒く、徐々に黄色くなる。九州から本州に夏鳥として飛来し繁殖するものと、冬鳥として飛来するものがある。綺麗で面白い鳥に出会えて良かった。

これなーんだ?

奨励賞「これなーんだ?」

撮影地:薄磯海岸

昆野 春太 福島県・中学1年生(男)

家族で行った海岸で、今までに見た事のない、貝殻のような生き物のような物を弟が見つけました。
殻は硬く、イボイボがついていて何なのか検討もつかず、家に帰ってからインターネットで調べる事にしました。
検索してみると、どうやらウニの殻である事が分かり、普段見るウニとは全く違う姿でとても驚きました。

今、輝く時

奨励賞「今、輝く時」

撮影地:りんくうマーブルビーチ

松尾 優花 大阪府・高校2年生(女)

海には人を勇気づける力があると思います。見た人が元気になれるような写真を目指して撮影しました。