海の環境NPO法人OWSによる「江奈湾(神奈川県三浦半島)干潟保全プロジェクトサイト」です。


江奈湾干潟について

江奈湾の位置

三浦半島南部の3つの干潟(小網代湾・毘沙門湾・江奈湾)

三浦半島の干潟

江奈湾干潟について

江奈湾干潟は、三浦半島南端部に位置し、南に湾口を開いた江奈湾の湾奥に残された2ヵ所の小さな干潟です。

 

泥質干潟

一つは田鳥川など3つの小さな河川が流入して流れる澪筋(みおすじ)の両側にできた泥質干潟(3.4ha)で、降雨により上流に広がる畑地の表土を浸食した泥の供給によって形成されています。泥質干潟の後背地には、1.7haほどのヨシ群落が発達しています。

 

砂礫干潟

もう一つは江奈湾中央の湾奥、堤防前の砂礫干潟(1.7ha)で、潮下帯にはアマモ群落がみられますが、後背地は県道とその海側の湾沿いに作られた堤防と漁港で陸域とは遮断されています。

 

 

 

江奈湾の泥質干潟は、この50年余りの間に流入した土の堆積が進むにつれて満潮線付近のヨシの分布域が広がり、徐々に満潮線が海側に数十メートル移動しました。満潮線の移動に伴いヨシ群落も海側に移り、後背地には雑木やクズなどのツル植物の遷移が進んでいます。

アマモは干出域が海側に広がったことにより、湾中央寄りの潮下帯に群落を作り、コアマモは干潮線付近にパッチ状に点在しています。

 

ヨシ群落は、アシハラガニやハマガニなどの生息場所を提供している一方、内部には投棄ゴミと漂着ゴミが大量に堆積し、一部はゴミ捨て場の様相を呈している場所もありました。

 

2012年からOWSの保全活動の取り組みが始まり、長年滞留していた投棄ゴミは回収・処分が進みつつあります。

江奈湾の移り変わり