OWS 特定非営利活動法人 OWS
ニュースレター メンバー登録 お問い合わせ
HOME



前のページにもどる

 

ミッドウェイフィールドオフィスから
2001/6/13号
セグロアジサシ産卵開始



地面に卵を産むセグロアジサシ
(英名:Sooty Tern)

ミッドウェイ環礁イースタン島では、セグロアジサシの産卵が始まった。ギャーギャーというけたたましい泣声をあげながら、島上空を群れ飛ぶ様は、まるで蚊柱をおもわせる。

イースタン島と隣のスピット島に、約50,000つがいの大コロニーを形成するこの鳥は、3月後半から飛来し、5月〜6月にかけて1卵を生み、巣立ちが終了する8月まで滞在する。セグロアジサシは巣を形成せず地面の上に直接産む。また、同じ時期にセグロアジサシと外形はほとんど同じだがやや小型のナンヨウマミジロアジサシ(英名:Gray-backed Tern)も、同様の繁殖活動を行っている。こちらは400つがいとかなり少ない。

ここでの彼らの産卵場所は、大戦中、米軍が使用していた滑走路が多い。いずれも、人の活動には、非常に敏感であり、トレールツアーに際しても、卵やヒナを避けながら細心の注意を要する。

 

前のページにもどる
 
Copyright© 2005-2007 The Oceanic Wildlife Society. All Rights Reserved.