OWS 特定非営利活動法人 OWS
ニュースレター メンバー登録 お問い合わせ
HOME


海洋ゴミ問題を考える
写真パネルの活用

OWSでは、海洋ゴミ削減のための啓発活動の一環として、海洋ゴミに関連する学習教材用写真パネルを制作し、OWSが主催する活動で活用したり、さまざまなイベントで展示して活用しています。

これらのパネルは学習教材として貸出も行っています。 (アルミフレーム入りA2サイズ)

指導員・教員向けのガイドライン(解説書)もありますので、授業やビーチクリーンアップ活動の事前説明や展示などにご活用いただけます。

貸出規程がありますので、使用条件等に基づきご利用ください。

※当サイトに掲載の画像等は、著作権法により保護されておりますので、無断転載・複製は堅くお断りいたします。
 
テグスを飲み込んでしまった
特別天然記念物「アホウドリ」

釣り針が食道に引っかかっていると思われる。
(写真:鳥島/長谷川博)
  首に漁網がからんでしまったアシカ
(写真:メキシコ・ラパス/堀米裕美)
     
 
ウミガメの胃の中から出てきた
大量のプラスチックゴミ

クラゲなどのエサと間違えて飲み込まれるゴミが多い
(写真:倉沢栄一)
  テグスがからまったまま泳ぎ続けるマンタ
(写真:石垣島/田中和也)
     
 
コアホウドリのヒナの死骸
その胃の中からは大量のプラスチックゴミが
エサと間違えて飲み込んだゴミを親鳥に与えられ、餓死するヒナも多い (写真:ミッドウェー/杉下純市)
  ストランディング(座礁)した
マッコウクジラの胃から見つかった
大量のロープ類とプラスチック袋

(写真:千葉/横山耕作)
     
 

潜水調査船で撮影された深海に沈むゴミ
ビニールゴミや空き缶、ヘルメット、マネキンなど
(写真:JAMSTEC/潜水調査船にて)

  魚網が頭にからまってしまったウミウ
(写真:襟裳岬/倉沢栄一)
     
ミッドウェーのゴミ被害   海洋ゴミの被害

漂着した魚網がサンゴ礁にからみつき、その被害を受けた絶滅危惧種 ハワイアンモンクアザラシ
(写真:ミッドウェー/John Klavitter ( FWS ) )

  くわえたプラスチックゴミが首にはまってしまった絶滅に瀕しているレイサンマガモ
(写真:ミッドウェー/杉下純市)
     
 

釣り針を飲み込み、
仕掛けが絡まって動けなくなったウミネコ

(写真:伊豆半島・赤沢/横山耕作)

  流出または投棄された魚網にかかった魚たち(ゴーストフィッシング)
海底にからまった魚網はカイメンやソフトコーラルも傷つける

(写真:西伊豆/大塚幸彦)
 
 
Copyright© 2005-2007 The Oceanic Wildlife Society. All Rights Reserved.